FC2ブログ

不動産ローンを1億5,000万円返済しました

十数年かけて1億5,000万円返済しました。

自宅も含めてですけどね。

投資物件としては1億1,000万円です。

あ、繰り上げ返済したって話ではないですよ。売却でもないです。

返済予定表に沿って返済したってことです。

それに応じて減価償却も進んでますし、

実勢価格としてはいくらで処分できるのかもわかったものではありません。

ただ、現状の家賃収入としては価値が減った分目減りしているということもなく、

ここ何年も安定しています。

物件がそこそこ良かったのか、管理会社の力なのか。

とりあえず、開業して苦しい出だしでしたが、開業の足を引っ張ることもなく、

むしろ助けになっていたと思います。

開業のメインバンクは物件を処分せよと再三忠告してきますが、

現物を所有しているということの方が面白そうなので、

とりあえずこのまま持っておこうと思います。

特に大阪の物件はそのうち建て替えして1階に自分のクリニックを入れたいので、

まず売るつもりありませんね。

自分のクリニックが落ち着いたら、大阪で開業も面白いかなと思っています。

最近は、これは良くないことかもしれませんが、

「不動産投資=投資=金儲け」という気持ち、認識が薄れてしまっていて、

借り入れの額は多少は大きいけれど、どうにでもなると思っています。

金儲けというよりは、ライフワークというか、持っている側にいるのが面白いという感じです。

そもそも全ての不動産には所有者がいますからね。その端くれにいるだけです。

建て替えが経済的にメリットがあろうがなかろうが、

自分の気に入るものを建てて、自分のクリニックを作るってのは面白そうです。

大家業、マンションオーナーという立ち位置にいるために金を払っている、とでも言うべきか。

でも実際はプラスなので、金を払うというよりはリスクを取っているというべきか。

興味のあること、面白いこと、サービスを受ける側でいることにお金を払うのは当然ですね。
スポンサーサイト



医療崩壊の危機とは

東京や大阪はすごいことになってますね。

まぁ、人が集まるからどうしてもね。

軽症者や中等症者の数が多いと、

当たり前ですが重症者の数も増えますわね。

医療崩壊の危機と騒がれてますけど、

原因ははっきりしてますよね。

全体的に救おうと頑張り過ぎなんだと思います。

それが医療だと言えばそうなんでしょうけどね。

今みたいな状況を想定して平時から病院やスタッフを用意してたら、

金がいくらあっても足りません。

かといって、平時なりの病院やスタッフでは、

今回の様な未曾有の事態には足りない。

未曾有の事態なのに、平時と同じ医療水準を保とうと努力し過ぎなのではないかと思います。

災害現場ではトリアージされるのが当然です。

新型コロナも重症者のトリアージをして、

助からないのが濃厚な方には緩和医療を、

助かる見込みの強い方に医療資源を、

そしてそのレベルを状況に応じて引き下げを、

そういうの必要だと思いますけどね。

もう現場ではしてるかもしれませんが。

一見切り捨ての様で冷酷に受け取られるかもしれないですけど、

もはや大規模災害みたいなもんですから、

助かる見込みのある人を救い切るってことに注力する方が、

全体としての死者は最少化できるのではないかと思います。

一つ知りたいのは、エクモまで付けた重症者がどれだけ生還したか。

エクモ付ける時点でいわゆる負け戦の可能性が高いと想像しています。

国によってはエクモどころか呼吸器さえ付けずに看取りしてるところもあるのでは?

国民の側も、感染して重症化したら最期くらいの意識を持って行動した方が良いかもね。

目に見えないウイルスを相手に何かの犠牲は出るでしょう。

経済的な死も決してあなどれませんね。

何がどう正解で唯一の答えかなんてものはないでしょう。

現場のスタッフには、自分たちの生命や生活を削ってまで人を救わなくて良いと伝えたいですね。

とうとう来た。家賃減額の依頼。

大阪一棟マンションの1階テナントから家賃減額の依頼が来ました。

なんといきなり半額の依頼。しかも単なるディスカウント。

管理会社から、保証金からの相殺でどうか?と先んじて提案したところ、

保証金からの相殺はイヤ、延滞扱いも支払い猶予もイヤ、

とにかく減額じゃないとダメ、と。

オーナーの支払いは何も減額してもらえないですからね。

退去や廃業を考えたら、

お互い様で少しの減額ならと思いましたが、

コロナが収まるまで半額ってのは、あり得ません。

なら別のテナント探した方がマシ過ぎ。

大阪の大きな道路に面したテナントとしては好立地の物件ですからね。

駅も近くに複数あります。

そもそも今の賃料でも安いくらいです。

コロナ関係なく出店したい企業はあるでしょうし。

半額なんてあり得ませんし、

ディスカウントじゃないとダメってのは、

ちょっとねぇ…。

コロナうずは、お金に関する別の嫌なことも発生させますよね。

困ったね。

ピンチはチャンス

コロナの最中の開業で、ズタボロのスタートを切った当院ですが、

反面、インフルエンザワクチンの需要の高まりや、

発熱外来への補助事業、

コロナ関連の低金利融資など、

金銭的に手助けとなるコンテンツが複数出てきました。

特に、他院が嫌がる中、

当院は現在発熱外来に全振りしています。

流行り的に言えば、

全集中!無呼吸!

って感じですかね。笑

息止めて検体採取しなきゃですよ。

アホなことは置いといて、

コロナでくらった分は、コロナで何とかするつもりで立ち向かってます。

ピンチはチャンス。

とにかく前進あるのみ。

開業して半年とちょっとが過ぎました

10月半ばにやっと新患が500人を超えました。

うち100人程度はかかりつけとして毎月受診して頂いています。

1日の患者数はやっと15人程度です。

バイトと退職金の切り崩しを含めてやっとこさです。

来年から元本返済が始まりますが、

それまでになんとかしないと。

世間の単身クリニックの相場がわかりませんが、

かかりつけ患者さんを800人くらいは抱えたいですね。

それだけ信頼されないといけませんね。

なお、バイトは頑張って行ってます。

勤務医辞めたはずですが、勤務医としての収入に賭けてます。笑

とんだ笑い話ですよ。
プロフィール

フィジオ36

Author:フィジオ36
カテゴリの目次のページから閲覧されると便利です♪(工事中)

研修医2年目から上司の紹介で不動産投資を開始し早15年目。節税目的のワンルームから開始し、H25年には収益1棟買いを実現。H28年1月には収益1棟を買い増し。デイトレ等、本業そっちのけの投資は不可能なため、ローリスクミドルリターンの不動産投資で資産運用中。

区分12戸(残債1.68億)
1棟38戸(残債2.12億)
1棟48戸(残債4.16億)
自宅(残債0.54億円)

座右の銘「借りた者勝ち」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR